社会福祉士合格者数 神奈川県私立大学 No.1の福祉の専科大学

神奈川県川崎市麻生区東百合丘 3-4-1 TEL: 044-966-9211

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー
(入学者受入方針)

人間福祉学部

 人間福祉学部における入学者の受入れに際しては、社会福祉学や心理学、教育学への関心、問題意識を持ち、さまざまな生きづらさ、生活の困難を抱える人たちの自立支援について考え、行動することができる学生、専門職として必要な社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士等の国家資格の取得に向けた学習意欲があり、それに向かって努力できる学生を求めている。
 そのため、入学者選抜では、以下に示すとおり本学部の学生として必要な資質・能力及び学力並びに学修姿勢を入学前に身につけているか、入学後に身につけられるかという観点により、それらの資質・能力や学力等の水準を判定するための選考を実施する。
【入学前に求める基本的な資質・能力】

① 入学前の学校生活内外におけるグループ活動(クラブ活動、生徒会活動、地域におけるサークル活動、ボランティア活動等)や就業体験活動等を通じて、自主性、協調性、柔軟性、判断力、コミュニケーション能力、気配り及び社会性等が身についていること。
② 入学前の学習活動の中で得られた知識や技能を活用し、課題や問題に対し自身の考えを説明したり、文章にまとめたりすることができること。
③ 社会生活や家庭生活の中で、社会福祉について関心を持った事や課題となっている事に対し、その背景や展望について思考することができること。

【入学前に求める基礎的な学力】

① 高等学校の各教科において、学習や技能の基礎が達成できていること。
② 得意な教科があり、福祉に関する社会の仕組みや制度について基礎的な理解があることが望ましい。
③ 理解力、着想力、思考力及び語彙力等、基本的な文章表現上の諸能力があり、簡潔な文書が作成できること。

【入学後に求める学修姿勢・能力】

① 教育課程を通じて社会福祉の専門職としての知識、技能を身につけ、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士等の国家資格の取得をめざす意思が明確で、卒業後、専門的な知識や技能及び各種資格を活かし、社会福祉の分野で社会に貢献しようとする意欲。
② 実習科目やグループワーク、フィールドワーク、プレゼンテーション等、実践的な科目の履修を通じて、学士課程として求められる思考力、知識や技能を活用した課題解決能力、判断力、表現力を身につけ、自ら主体的に学ぶ姿勢をもって学業を継続する力。
③ ボランティア活動や社会福祉に関係する社会貢献活動に積極的に参加し、多様な人々と協力して働く能力。

【入学者選抜及び評価の方法】

 入学者選抜及び評価の方法は入試区分ごとに次のように実施し、志願者の入学目的と人間福祉学部における学位授与の方針との整合性、本学部の学生としての適格性について総合的に評価して合否を決定する。

① 推薦入試
〈選考方法〉

面接、書類選考

〈評価の視点〉

面接では、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。
書類選考では、高等学校の調査書による評定平均値を点数化し、入学前に求める基礎的な学力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

面接と書類選考による結果を総合して評価する。評価の配点は、面接100点、書類選考50点とする。

② 一般入試
〈選考方法〉

筆記試験(国語総合(古文・漢文を除く)、英語Ⅰ・Ⅱ)

〈評価の視点〉

入学前に求める基礎的な学力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

各試験教科の点数を合計し、学力水準の達成度合を評価する。評価の配点は、国語総合100点、英語Ⅰ・Ⅱ100点とする。なお、高等学校の調査書により入学前の修学状況について確認するが合否判定には利用しない。

③ AO 入学制度
〈選考方法〉

入学希望理由書及び課題(ともに事前提出)、面接、書類審査

〈評価の視点〉

面接は入学希望理由書及び課題に基づいて実施し、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。課題では、入学前に求める基本的な資質・能力に加え、理解力、着想力、思考力及び語彙力等、文章表現上の諸能力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

課題と面接による結果を総合して評価する。審査に当たっては、入学希望理由書及び課題の記載内容及びそれに基づく面接を重視し、評価の配点は、課題80点、面接100点とする。なお、高等学校の調査書により入学前の修学状況について確認する。

④ 大学入試センター試験利用入試
〈選考方法〉

大学入試センター試験の受験科目のうち2科目を利用する。
「国語」は現代文のみ、英語はリスニングを含まず100点に換算する。
「公民」と「地理・歴史」は1教科として扱う。「理科」①グループを選択した場合は、選択解答した2科目を1科目として扱う。

〈評価の視点〉

入学前に求める基礎的な学力について審査する。

〈評価方法〉

受験科目のうち高得点科目の教科2科目の合計点により、学力水準の達成度合を評価する。

⑤ 活動報告入試
〈選考方法〉

福祉実践経験・ボランティア活動・課外活動、総合的な学習の時間における学修成果等に関する活動報告書及び活動証明書、面接

〈評価の視点〉

面接は、活動報告書及び活動証明書に基づいて実施し、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。 活動報告書では、入学前に求める基本的な資質・能力に加え、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性並びに理解力、着想力、思考力及び語彙力等、文章表現上の諸能力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

活動報告書及び活動証明書と面接による結果を総合して評価する。審査に当たっては、活動報告書及び活動証明書の記載内容及びそれに基づく面接を重視し、評価の比重は、面接80点、活動報告書70点とする。なお、高等学校の調査書により入学前の修学状況について確認する。

⑥ 社会人入試
〈選考方法〉

面接、小論文(60分 800字以内)、書類審査

〈評価の視点〉

面接では、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。 小論文では、入学前に求める基本的な資質・能力に加え、理解力、着想力、思考力及び語彙力等、文章表現上の諸能力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

面接、小論文及び書類審査による結果を総合して評価する。評価の配点は、面接100点、小論文100点とする。なお、最終卒業学校の調査書や成績証明書等により、入学前に求める基礎的な学力について確認する。

子ども未来学部

 子ども未来学部では、建学の精神「捨我精進」に沿って、地域社会・国際社会の保育者として貢献できる人材の育成を目標としている。したがって、社会全体を見通し、その中にあって保育・子育て支援に有用な人材として成長することができる学生を求めている。
 そのため、入学者選抜では、以下に示すとおり、本学部の学生として必要な資質・能力及び学力並びに学修姿勢を入学前に身につけているか、入学後に身につけられるかという観点により、それらの資質・能力や学力等の水準を判定するための選考を実施する。
【入学前に求める基本的な資質・能力】

 子ども未来学部では、子どもと保育に対する興味・関心・問題意識を持ち、子どもや保育に関わる将来への志望意思を明確に持っている以下のような学生を求める。
① 子どもに関する社会の出来事や社会的問題に対して強い関心をもち、さまざまな情報を知識として身につけ、その背景や要因について思考することができること。
② 自ら主体的に学ぶ姿勢を身につけていること。
③ 学業や課外活動等を通じて、さまざまな価値観をもつ人々が共存していることを理解し、柔軟な思考ができること。
④ 学業や課外活動等を通じて、人間関係において自己を十分に表現する力や、他者とのコミュニケーションを良好に図れる力を身につけていること。

【入学前に求める基礎的な学力及び経験】

① 高等学校の各教科において、学習や技能の基礎が達成できていること。
② 得意な教科があり、子どもを取り巻く現代社会の仕組みや制度についての基礎知識をもっていることが望ましい。
③ 理解力、着想力、思考力及び語彙力等、基本的な文章表現上の諸能力があり、経験したことやそこから感じたこと、考えたことを読み手に伝わるように記述できること。
④ 保育現場への参加体験があることが望ましい。

【入学後に求める学修姿勢・能力】

① 教育課程を通じて保育の専門職として保育に関する知識や技能を身につけ、保育士資格、幼稚園教諭一種免許状の取得をめざす意思が明確で、卒業後その専門的な知識や技能、資格・免許を活かし、子どもと保育に関わる分野で社会に貢献しようとする意欲。
② 実習科目やグループワーク、フィールドワーク、プレゼンテーション等、実践的な科目の履修を通じて、学士課程として求められる思考力、知識や技能を活用した課題解決能力、判断力、表現力を身につけ、自ら主体的に学ぶ姿勢をもって学業を継続する力。
③ 保育ボランティア活動や地域の子育て支援実践活動等に積極的に参加し、多様な人々と協力して働く能力。

【入学者選抜及び評価の方法】

 入学者選抜及び評価の方法は入試区分ごとに次のように実施し、志願者の入学目的と子ども未来学部における学位授与の方針との整合性、本学部の学生としての適格性について総合的に評価して合否を決定する。

① 推薦入試
〈選考方法〉

面接、書類選考

〈評価の視点〉

面接では、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。
書類選考では、高等学校の調査書による評定平均値を点数化し、入学前に求める基礎的な学力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

面接と書類選考による結果を総合して評価する。評価の配点は、面接100点、書類選考50点とする。

② 一般入試
〈選考方法〉

筆記試験(国語総合(古文・漢文を除く)、英語Ⅰ・Ⅱ)

〈評価の視点〉

入学前に求める基礎的な学力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

各試験教科の点数を合計し、学力水準の達成度合を評価する。評価の配点は、国語総合100点、英語Ⅰ・Ⅱ100点とする。なお、高等学校の調査書により入学前の修学状況について確認するが合否判定には利用しない。

③ AO 入学制度
〈選考方法〉

入学希望理由書及び課題(ともに事前提出)、面接、書類審査

〈評価の視点〉

面接は入学希望理由書及び課題に基づいて実施し、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。課題では、入学前に求める基本的な資質・能力に加え、理解力、着想力、思考力及び語彙力等、文章表現上の諸能力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

課題と面接による結果を総合して評価する。審査に当たっては、入学希望理由書及び課題の記載内容及びそれに基づく面接を重視し、評価の配点は、課題80点、面接100点とする。なお、高等学校の調査書により入学前の修学状況について確認する。

④ 大学入試センター試験利用入試
〈選考方法〉

大学入試センター試験の受験科目のうち2科目を利用する。
「国語」は現代文のみ、英語はリスニングを含まず100点に換算する。
「公民」と「地理・歴史」は1教科として扱う。「理科」①グループを選択した場合は、選択解答した2科目を1科目として扱う。

〈評価の視点〉

入学前に求める基礎的な学力について審査する。

〈評価方法〉

受験科目のうち高得点科目の教科2科目の合計点により、学力水準の達成度合を評価する。

⑤ 活動報告入試
〈選考方法〉

保育実践経験・ボランティア活動・課外活動、総合的な学習の時間における学修成果等に関する活動報告書及び活動証明書、面接

〈評価の視点〉

面接は、活動報告書及び活動証明書に基づいて実施し、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。 活動報告書では、入学前に求める基本的な資質・能力に加え、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性並びに理解力、着想力、思考力及び語彙力等、文章表現上の諸能力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

活動報告書及び活動証明書と面接による結果を総合して評価する。審査に当たっては、活動報告書及び活動証明書の記載内容及びそれに基づく面接を重視し、評価の比重は、面接80点、活動報告書70点とする。なお、高等学校の調査書により入学前の修学状況について確認する。

⑥ 社会人入試
〈選考方法〉

面接、小論文(60分 800字以内)、書類審査

〈評価の視点〉

面接では、入学前に求める基本的な資質・能力について審査し、入学後に求める学修姿勢・能力の可能性を確認する。 小論文では、入学前に求める基本的な資質・能力に加え、理解力、着想力、思考力及び語彙力等、文章表現上の諸能力について審査する。

〈評価方法及び評価の比重〉

面接、小論文及び書類審査による結果を総合して評価する。評価の配点は、面接100点、小論文100点とする。なお、最終卒業学校の調査書や成績証明書等により、入学前に求める基礎的な学力について確認する。