社会福祉士合格者数 神奈川県私立大学 No.1の福祉の専科大学

〒215-8542 神奈川県川崎市麻生区東百合丘 3-4-1 TEL: 044-966-9211

4年間の学び

カリキュラムの特徴

子ども未来学科のカリキュラムは、知識や人間性を磨く「子どもへの学び」
保育者の専門性を実践から学ぶ「子どもからの学び」
そして、これらの学びを仲間とともに切磋琢磨しながら修得する「なかまとの学び」で成り立っています。
この3つを関連づけ、積み重ねて、保育士と幼稚園教諭一種免許両方の資格取得をめざします。

こども未来学科 カリキュラム
↓

資格

  1. ■ 保育士
  2. ■ 幼稚園教諭一種免許
  3. ■ 社会福祉主事任用資格
  4. ■ 児童指導員任用資格
  5. □ 認定心理士
  6. □ ピアヘルパー (受験資格)
  7. □ ジュニアスポーツ指導員(受験資格)
  8. □ 日本キャンプ協会
     キャンプインストラクタ
  9. ほか

…卒業と同時に取得できる資格

…必要な科目を履修することにより取得できる資格

卒業後の進路

  1. 保育所 (公立・民間)
  2. 幼稚園 (公立・私立)
  3. 公務員 (保育・福祉職)
  4. 児童福祉施設
    ( 乳児院、児童養護施設、障害児施設など)
  5. 児童厚生施設 (児童館など)
  6. 子育て支援事業
  7. 子ども関連企業
  8. 子ども関連NGO機関、NPO法人
  9. ほか

カリキュラム例

子どもへの学び
日本語表現法
保育原理
教育の原理
子どもの保健
保育内容
児童心理学
障害児保育
こども英語
子育て支援論
ほか
子どもからの学び
保育実践入門
保育マインド実践講座
幼稚園教育実習
保育所実習
施設実習
子育て支援実習
海外研修
ほか
なかまとの学び
子どもの遊び
子どもと運動
子どもと造形表現
子どもと身体表現
専門演習
実践音楽
ほか

カリキュラムポリシー
(教育課程編成方針)

子ども未来学部における教育課程は、大きく教養(基礎)科目と専門科目に区分する。それぞ れを構成する授業科目は、課程修了時の資質・能力の獲得を担保するため、学修領域ごとに系統 性をもって過不足なく配置する。また、相互に有機的な関連性、履修の順序性をもたせることで、 教育課程全体として体系的な編成を確保し、以下に示す学修方法、学修過程及び学修成果の評価 方法により実施する。 また、以上の教育課程において、学びの主体である学生自身が、以下の三つの学びを柱として、各科目内、あるいは科目間においてそれらの学びを相互に関連させながら、着実に自己の学びを 積み重ねていく「循環する学びのプロセス」の獲得を目指すものとする。  ・知識と教養及び人間の探究にかかわる「子どもへの学び」  ・保育者としての専門性にかかわる実践的な経験を基にした「子どもからの学び」  ・仲間とともに対話、思考し、協働する「なかまとの学び」
 

【学修内容】

教養(基礎)科目と専門科目は相互に連関し、両者を統合して段階的に学んでいくことにより、 人間への探究とともに専門的な知識、技能を備えた職業人としての資質、能力を身につけること になる。それぞれの学修内容は次のとおりとする。 教養(基礎)科目では、保育学を学ぶ者として必要とされる汎用的な知識、技能並びに子ども や保育・子育てをめぐる社会の動向に対応して、多様な背景をもつ他者と協働しつつ取り組む姿 勢と行動力を身につける。 専門科目では、教養教育を通して培われた様々な視点から物事を思考する能力を発展させ、専 門的な知識、技能を基盤として総合的に判断する能力を身につけ、子どもと社会の未来について 深く思考しながら行動できる専門職としての実践力を習得する。
 

【学修方法】

教養(基礎)科目及び専門科目を構成する各科目の授業形態は、授業の到達目標や教育方法、 クラスサイズにより、講義、演習、実習・実技及び卒業研究に区分する。また、学生の能動的な 学修を促し教育効果を高めるため、演習科目を中心にグループワーク、フィールドワーク、プレ ゼンテーション、課題発見・解決型学習及びディスカッション等を取り入れた授業を実施する。 特に、実践的な演習授業、学外研修、二つの併設園を含む学外施設における実習、地域連携に よる協働プログラムへの参加等、体験を通じた学びとその振り返りを重視する。 以上の学修方法を通じて、知識や技能の活用を図るとともに、主体性、協働する姿勢、表現力 を身につける。
 

【学修過程】

〈1年次〉

教養基礎科目及び専門基礎科目を中心に履修し、現代社会や人間に関する幅広い教養と専門分 野における原理や基本的知識を身につける。また、保育実践経験等を取り入れた必修の専門基 幹科目を履修し、専門分野につながる基本的知識・技能と保育マインドを身につける。特に、 少人数制の初年次教育である「基礎演習」を通して、高等学校から大学への円滑な移行を図り、 主体的に学ぶ姿勢と在学中の学習効果を高めるためのスキルとそれ以後の能動的な学修態度 の基礎を築く。

〈2、3年次〉

保育士資格・幼稚園教諭一種免許状取得に必要な必修の専門基幹科目を中心として、選択の専 門基幹科目並びに専門発展科目を履修することにより、すべての子どもや家族、それらを取り 巻く社会への理解に関する知識と、保育技術や保育を計画し、実践するための様々な専門的知 識・技能を習得する。また、実習科目を履修することにより、知識と技術の融合を図り、課題 を発見し、課題解決のための改善方策を思考する力を身につける。加えて、3年次必修科目で ある「キャリア講座」を履修することにより、卒業後の進路を意識する。

〈4年次〉

2年次以降の実習教育の集大成として、保育の実践と理念をつなぐ専門発展科目の必修科目で ある「保育・教職実践演習(幼稚園)」や、選択科目である「子育て支援実習」「保育インター ンシップ」等を履修し、卒業後の進路を意識した専門性を高めるとともに、多様化する保育ニ ーズに対応できる能力やそれを活用するための実践力を身につける。

【学修成果の評価の在り方】

  • 教養科目群及び専門科目群を構成する各授業科目の科目担当者による学修成果の評価は、当 該授業科目のねらい、到達目標に対し、各科目の評価方法、評価基準に照らして学生個々の 達成度を測って行う。
  • 各学年における学修成果の評価は、当該年度の履修科目におけるGPA に集約し、アドバイザ ーがGPA や修得単位数等の状況に応じた指導、助言を行う。
  • 学修目標に対する学修成果の到達度は、学修目標に関与する各授業科目の評価を総合し、そ れぞれの学修目標(基準)に対する到達度合を尺度で示す評価基準表(ルーブリック)並び に学修ポートフォリオ(『履修ファイル』)を活用して確認し、学生自らによる不断の振り返 りと課題への取り組みを行う。