社会福祉士合格者数 神奈川県私立大学 No.1の福祉の専科大学

神奈川県川崎市麻生区東百合丘 3-4-1 TEL: 044-966-9211

ボランティア募集・情報

地域交流センター

第43回公開講座及びボランティア専門講座開催のお知らせ

下記の日程で第43回公開講座及びボランティア専門講座を開催いたします。
ふるってご参加ください。

主  催 田園調布学園大学【川崎市教育委員会連携事業】
後  援 川崎市麻生区
協  力 麻生区社会福祉協議会 ボランティア活動振興センター

■第43回公開講座
平成28年8月5日(金)10:00-12:00
演 題:「 経済学と環境問題 」 講師:田園調布学園大学 学長 櫻本 光

■ボランティア専門講座
平成28年8月5日(金)13:00-16:00
演 題:「 地域をつくるボランティア 」 講師:石井 栄子 氏
ワーク:「 ボランティアの基本を見直し、ステップアップを目指す 」
-職種や分野を超えた地域の専門職とボランティアを考える-
ファシリテーター: あさお多職種多分野ネットワーク

会  場  田園調布学園大学2号館2階 221教室 アクセス方法はこちらへ
対  象 ボランティア活動に関心のある高校生・大学生・地域住民の方
定  員 各講座100名
参加費 無料
参加申込方法:
第43回公開講座・ボランティア専門講座ご案内をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、FAXまたはご郵送いただくか、第43回公開講座・ボランティア専門講座申込フォームに必要事項をご入力の上、ご送信いただき、お申込みください。

第43回公開講座・ボランティア専門講座ご案内のダウンロードはこちらへ
第43回公開講座・ボランティア専門講座 申込フォームはこちらへ

申込締切:平成28年8月1日(月)17:00まで

【問い合わせ先】
田園調布学園大学 地域交流センター
〒215-8542 川崎市麻生区東百合丘3-4-1
TEL:044-966-2780 FAX:044-955-4345
E-mail:c-center@dcu.ac.jp
HP:http://www.dcu.ac.jp/
※担当者不在時は、お電話に出られない場合がございます。
 

ボランティアの募集依頼について

田園調布学園大学地域交流センターでは、本学学生に対し、センター内での掲示、授業内での告知、学生ポータルサイト「でんでんばん」での配信などでボランティア情報の提供を行なっています。
お気軽にボランティア募集依頼についてご相談ください。

依頼の流れについては下記のとおりです。

  • ① まずは、お電話にてご連絡ください。(いくつかご質問させていただく場合があります。)
  • ② 下記の書類等をご送付または本センターまでご持参ください。
    1. ・団体責任者又はボランティア担当者の名刺
    2. ・団体の概要等が記載されたパンフレット又はリーフレット
    3. ・ボランティア募集チラシ(A4サイズ)15部以上
  • ③ 学生に情報提供を行い、周知します。

*活動内容が不適当又は危険を伴うことが予想される場合は、ご依頼をお断りします。

*個人様からのご依頼は、内容によってお断りする場合もあります。

なお、試験期間及びその前後は試験勉強に専念するため、ボランティア活動を行うことが難しくなります。
ボランティア募集に関しては、この点をご配慮いただきますようお願いいたします。

  1. 前期試験期間:
    平成28年7月28日(木)~8月3日(水)
  2. 後期試験期間:
    平成29年1月26日(木)~2月1日(水)

2016.07.5

ボランティア情報誌
「CHANGE VOL.38」

ボランティア情報誌「CHANGE VOL.38」を発行いたしました。
今月号は下記の情報を掲載しています。

  • 1. ボランティア活動してきました!!
  • 2. 麻生区ボランティア養成講座を開催します!!

ボランティア情報誌「CHANGE VOL.38」の
ダウンロードはこちら

◆バックナンバー
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.37」のダウンロードはこちら
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.36」のダウンロードはこちら
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.35」のダウンロードはこちら
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.34」のダウンロードはこちら
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.33」のダウンロードはこちら
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.32」のダウンロードはこちら
ボランティア情報誌「CHANGE VOL.31」のダウンロードはこちら

2013.07.9

災害時のボランティア活動について

地域交流センターでは、「DCU東日本復興支援プロジェクト」を立ち上げました。 このプロジェクトは、学生が後方支援活動や一時避難所・被災地でボランティア活動を行う際のサポートを行うプロジェクトです。

プロジェクトの一環として、本学学生を対象に災害時ボランティアについての知識も高められるボランティア養成講座を開講いたしました。また、今後は様々な機関とも連携し、災害時ボランティアの的確な情報を紹介できるように情報収集をしていきます。

本学学生の皆さんへ

災害時ボランティアを行う際には、まず地域交流センターの職員に相談してください。
安全性を確認するために、ボランティア活動計画書の記入をお願いしています。

参考までに全国社会福祉協議会の「災害時のボランティアについて」を掲載します。全国社会福祉協議会の「災害時のボランティアについて」のページはこちら

災害時のボランティアについて

  • 1. 災害救援ボランティア活動は、ボランティア本人の自発的な意思と責任により被災地での活動に参加・行動することが基本です。
  • 2. まずは、自分自身で被災地の情報を収集し、現地に行くか、行かないかを判断することです。家族の理解も大切です。その際には、必ず現地に設置されている災害救援ボランティアセンターに事前に連絡し、ボランティア活動への参加方法や注意点について確認してください。災害救援ボランティアセンターの連絡先は、本会のホームページでもお知らせしています。
  • 3. 被災地での活動は、危険がともなうことや重労働となる場合があります。安全や健康についてボランティアが自分自身で管理することであることを理解したうえで参加してください。体調が悪ければ、参加を中止することが肝心です。
  • 4. 被災地で活動する際の宿所は、ボランティア自身が事前に被災地の状況を確認し、手配してください。水、食料、その他身の回りのものについてもボランティア自身が事前に用意し、携行のうえ被災地でのボランティア活動を開始してください。
  • 5. 被災地に到着した後は、必ず災害救援ボランティアセンターを訪れ、ボランティア活動の登録を行ってください。
  • 6. 被災地における緊急連絡先・連絡網を必ず確認するとともに、地理や気候等周辺環境を把握したうえで活動してください。
  • 7. 被災地では、被災した方々の気持ちやプライバシーに十分配慮し、マナーある行動と言葉づかいでボランティア活動に参加してください。
  • 8. 被災地では、必ず災害救援ボランティアセンターやボランティアコーディネーター等、現地受け入れ機関の指示、指導に従って活動してください。単独行動はできるだけ避けてください。組織的に活動することで、より大きな力となることができます。
  • 9. 自分にできる範囲の活動を行ってください。休憩を心がけましょう。無理な活動は、思わぬ事故につながり、かえって被災地の人々の負担となってしまいます。
  • 10. 備えとして、ボランティア活動保険に加入しましょう。

2011.06.25

街頭募金活動

大学名の入ったのぼり旗を掲げて、活動している様子センター 大学名の入ったのぼり旗を掲げて、活動している様子。

2011年3月23日(水)~29日(火)までの1週間、学生たちの有志団体「東北地方太平洋沖地震神奈川学生ネットワーク(略称:東神ネット)」が、東北地方太平洋沖地震で被災された方々のために、新百合ヶ丘駅で街頭募金活動を行いました。

この街頭募金活動には、午前午後あわせてのべ120名以上もの学生が参加しました。その他にも卒業生が応援にかけつけたり、突然「私たちにもできることはないですか?」というメールが代表の学生宛てに届き、高校生や専門学生が飛び入りで参加してくれたりなど、支援の輪も広がりました。

1週間で集まったお金は、※1,850,000円。学生1人1人の努力、そして募金いただいた全ての方の暖かい気持ちが、このような結果になったのだと思います。また、募金いただいた方からは「実家が津波で流されてしまった。募金活動してくれてありがとう」や「寒いのに、毎日大変ね。頑張ってね」など、たくさんの感謝の言葉や暖かい言葉をいただいたそうです。このような言葉1つ1つも、学生が1週間街頭募金活動を行う原動力になったのだと思います。 代表を務めた学生も「募金活動に参加してくれた皆様、募金をしてくださった新百合ヶ丘の方々には感謝をしてもしきれない思いです。」と笑顔で話していました。

大学名の入ったのぼり旗を掲げて、代表の藤川くんが活動している様子 代表の藤川くんが活動している様子。

この学生たちの活動は、引き続き行われます。
地域交流センターとしましても、引き続きパックアップしていきます。

※集まったお金は、東北地方太平洋沖地震神奈川学生ネットワーク名義で、
3月31日に全て中央共同募金会に入金いたしました。

東北地方太平洋沖地震
神奈川学生ネットワークのブログ
ブログはこちら